古くから知られているブラックコホシュなら安全?

ブラックコホシュ

バストアップサプリの成分として多く使われている「ブラックコホシュ」。成分としての安全性について考えてみましょう。

ブラックコホシュがバストアップサプリに使われるようになったのはなぜ?

ブラックコホシュは、北アメリカ原産のキンポウゲ科という種類の植物です。夏になると、瓶を洗うブラシのような形をした、白い花を咲かせます。

古くは、アメリカの先住民(ネイティブアメリカン)によって薬として使われていたようです。痛みや炎症を抑える作用があるとして、リウマチなどの治療にも使われていました。伝統的な用法としては、秋に実がなった後に乾燥させて、ハーブティーとして飲むという方法です。

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする「イソフラボン」が豊富に含まれていることから、月経不順や月経前症候群への効果が研究されるにつれてポピュラーになってきました。

バストアップも女性の悩みとして取り入れられるようになり、現在はバストアップサプリには欠かせない成分となっています。

ブラックコホシュはなぜバストアップ効果があるの?

ブラックコホシュには、バストアップに効果があるとされる「イソフラボン」と「トリテルペン配糖体」という物質が含まれています。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで、女性らしい体型、つまり豊かなバストがつくられるのをサポートします。

また、トリテルペン配糖体は、エストロゲンの分泌の調子を整えてくれる働きがあるので、もともと体の中にあるバストアップする力を正常に働かせるように働きます。

ブラックコホシュには足りないエストロゲンを補いつつ、ちゃんと自分の体の力でバストアップできるようにするという性質があるということになりますね。

ブラックコホシュの副作用

ブラックコホシュが使われてきた歴史は長いですが、これまで思い副作用は報告されていません。ただバストアップサプリを使ってこの項目で扱っているような体の不調が出た場合は、ブラックコホシュが含まれたサプリの使用を控えることで解決する場合はあります。

ブラックコホシュの一日の上限量は、30mgとされています。あくまで最大の量なので、これを毎日摂りつづけるのはさすがに体によくありません。すぐに出てくる体の不調としては、胃の不調があります。ブラックコホシュが体に合わないことで、吐き気を感じることがあるようです。

また、軽い疲労感や倦怠感を感じることもあるようです。はっきりとは分かっていませんが、肝臓に負担がかかっているのでは?というような専門家の考えもあるので、肝疾患のある人は控えたほうが良いでしょう。

そして、ブラックコホシュは女性ホルモンと似た働きをする性質を持っているということから、女性ホルモンの影響で体の不調がある人は、過剰摂取に注意が必要です。