なぜ、乳首の色が黒っぽいと遊んでいると思われるの?

きれいに並んだ七色の色鉛筆

バストの悩みで、サイズと同じぐらいコンプレックスを感じることが多いと言われているのが、乳首の色です。

乳首の色は、ピンク色の人から黒っぽい色の人まで様々だと思いますが、トップの色が黒っぽいとなぜか「遊んでいる」と思われがちなのが現状です。

実際には乳首の色が黒っぽい=遊んでいるというわけではないのに、周りからそう思われてしまっているのでは?と心配することで、コンプレックスになってしまいます。

なぜ、乳首の色が黒っぽいと遊んでいると言われるのでしょうか?その理由について考えてみました。

乳首の色に対するイメージ

考えごとをしている男性

女性の場合は自分の体のことなので、男性経験が豊富かどうかに関係なく「これが自分の乳首のいろなんだから仕方ない」という立場の人がほとんどだと思います。

一方男性の方は、女性の乳首の色が黒っぽいほど男性経験が豊富というイメージを持つ人が多いようです。ある有名な女性ファッション誌によるアンケート調査によると、回答した男性の半分以上が乳首が黒い人が遊び人だと思っているという結果もあるようです。

また他には、乳首が黒いと老けて見える、興奮が冷めてしまうなど乳首の色が黒いほどネガティブなイメージを持つ男性は少なくないようです。

乳首の色が人によって違う理由とは?

乳首の色に関して、男性経験を積むほど乳首の色が黒くなっていくと言うのは、正しい理由ではありません。では乳首の色が人によって違うのにはどんな理由があるのでしょうか?

遺伝が理由

乳首の色が人によって違う理由の1つ目は遺伝です。遺伝によってメラニン色素の強さが違うことが乳首の色に影響することがあります。

欧米などの白人女性の場合は、遺伝的にメラニン色素の働きが弱いため、乳首の色は明るいピンク色に近くなる傾向があります。それに対して、日本人を含む黄色人種は、比較的メラニン色素の働きが強いので、どうしても乳首の色は暗い色になる傾向があるのです。

もちろん同じ日本人でも、メラニン色素が遺伝的に強かったり弱かったりすることはあるので、人によって乳首の色に違いが出ることがあります。

摩擦が理由

もともと乳首の色が明るい色をしていても、摩擦によって黒っぽくなっていくことがあります。乳首の色がピンク色の状態というのは、皮膚の下を流れる血液の色が見えている状態です。

これは言い換えれば、乳首がピンク色のときは血液が透けて見えるほど皮膚が薄い状態ということです。服やブラのサイズが合っていなかったりすると、摩擦が激しくなって皮膚が厚くなるため、血液の色と暑くなった皮膚の色とで黒っぽく見える場合があるようです。

ホルモンバランスの変化が理由

ホルモンバランスによっても乳首の色が変化することがあります。特に影響が大きいのが、妊娠した時のホルモンバランスの変化です。

妊娠すると、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌が活発になります。この2つのホルモンがメラニン色素を刺激することで、乳首の色が黒っぽくなっていく変化となって表れます。

妊娠前はきれいなピンク色の乳首をしていても妊娠後にはびっくりするぐらい乳首が黒っぽくなっているのに驚く女性も少なくないようです。

乳首の色が黒っぽいと遊んでいると思われる理由は?

床の上で抱き合うカップル

上で説明したように、乳首の色が黒っぽいと男性経験が豊富とか遊んでいると思われるのはなぜなのでしょうか。

特に男性が多く抱くイメージだということを考えると、その原因は男性の「スポーツ」での体験が影響しているのではないかと思います。

スポーツをしていると、体の決まった部分を繰り返し使うので、そこだけ摩擦で皮膚が厚くなって、固く黒っぽくなるという経験をします。いわゆる「マメ」ができる経験ですね。

少し乱暴かもしれませんが、女性の乳首にもこの経験を当てはめて、「よく触られていたから黒っぽいんだろうな」というイメージにつながっている気がします。

それに対して、妊娠による急激な体の変化など、男性には想像もできないようなことが女性の体では起こります。

乳首の色が黒っぽいとネガティブなイメージを持たれるのは、ホルモンや遺伝という原因についての情報が出回っておらず、自分の経験でイメージしているというのが理由のようですね。