バストを一時的に大きく見せるブラの着け方とファッション

セクシーな服装でポーズをとる女性

バストアップクリームでのバストアップは、1日でできるものではなく、少なくとも2~3ヶ月は時間をかけて達成するものです。

でも、大切な人と会う予定が突然入ったり、バストアップの仕上がりまでそんなに待てないこともありますよね。

バストサイズに悩んでいる人ならば、せめてその1日だけでも「バストを少しでも大きく見せることで自分に自信を持っておきたい」と心のどこかで思う人は少なくないはずです。

そんな密かな悩みに対して、バストアップ中の応急処置とも言える、バストを大きく見せる方法についてご紹介していきます。

バストを大きく見せる方法:ブラ編

黒いブラジャーを着けたマネキン

ブラの選び方や着け方次第でも、バストを大きく見せるか小さく見せるかは変わってきます。そこで、バストをより大きく見せるために実践したいブラ選びや着け方のポイントをご紹介します。

ブラの選び方

バストを大きく見せるためのブラ選びは、上に着る服装によって違ってきます。

胸元が開いていて、バストの谷間を見せる様なファッションをするなら3/4カップのブラが良いでしょう。比較的胸が小さい人でも、バストの横と下部をバランス良く支えてくれるだけでなく、パッド入りなどの胸を大きく見せる効果があるブラもこのタイプのものが多いです。

タイトな服装で、胸の膨らみを強調するなら、ブラトップやハーフトップブラなどが良いでしょう。ストラップがついていることでカップの位置が調節しやすく、上に服を着ても、ブラ全体でバストが潰れないように支えてくれるので、バストをより大きく見せるのに役立ちます。

ブラの着け方

もしストラップが外れるタイプのブラを持っているなら、ストラップを背中でクロスさせてブラを付けてみましょう。そうすることで、バストがセンターに寄りやすくなるため、少しでも胸を大きくみせることができます。

また、ブラを着けるときの姿勢として前かがみになって着けることもポイントです。前かがみになって、バストの下や横をしっかりとカップに入れながら着けることを意識すると、ブラのホールド効果を上手く活かすことができます。

バストを大きく見せる方法:ファッション編

いろいろなファッションを身に着けたマネキン

ファッションも、バストの見た目の大きさに影響します。バストを大きく見せるのに効果的なのはどんなファッションなのでしょうか?

胸の谷間を強調するファッション

暑い季節に限定されそうではありますが、胸元が開いた服を着るのが、バストをアピールできる一番ストレートな手段です。バストが小さいと胸元が開いた服は避けたい気持ちになりますが、実は男性目線だと、バストの谷間が見えそうというドキドキ感の方が強く印象に残るので、バストが小さいか大きいかには意識が向きにくいんだとか…

バストを大きく見せるのとはちょっと違うかもしれませんが、思い切って胸元が開いた服を着てみるのも良いかもしれませんよ。

どうしても胸元が開いた服は自信がなかったり、寒い季節の場合は、胸元にフリルのついた服が良いでしょう。特にボタンに沿って縦にフリルがついたブラウスなどが、胸の谷間を強調するのに効果的です。

タイトなファッション

タイトなファッションも、胸を強調しやすいファッションの一つです。

タイトな服の中でも、特にタートルネックのセーターがバストを大きく見せるファッションとして有名です。最初に紹介したブラトップやハーフトップブラと組み合わせて使うのが良いでしょう。

また、トップスだけではなくパンツも、タイトなジーンズやチノパンを履くことでバストを大きく見せるのに役立ちます。体のラインを強調する効果があるほか、脚を細く見せてバストの膨らみとのメリハリも強調されます。

バストを大きく見せる方法はまだまだある

バストを大きく見せる方法を紹介しましたが、バストを大きく見せる方法はまだまだたくさんあって、色んな人が実践しています。

「男性目線だとどう見えるんだろう」とか「色の組み合わせ的にどう見えるんだろう」といろんな視点で考えてみることで、あなたのオリジナルのバストを大きくする方法が見つかるかもしれませんよ。